万一の自動車事故の際は、保険でお得に修理!『保険 de キャッシュバック』

 

 

●●● キャッシュバックの仕組み ●●●

 

なぜキャッシュバックされるのか、仕組みをご説明します。

 

【ディーラーと修理工場の違い】

 事故によって壊れた自動車を修理する際、ディーラーに持ち込む方が多いと思いますが、多くの場合、実際に事故の修理をするのはディーラーではありません。ディーラーで車の板金や塗装をしているのを見たことがありますか?見たことのない方が大多数だと思います。実は、ほとんどの場合、ディーラーと提携している修理工場で修理されているのです。
 事故によって壊れた自動車はディーラーで修理されるわけではありませんが、ディーラーで受付をしているため、ディーラーにも中間マージン(2割〜3割)が入ることになります。


【キャッシュバック】

 自動車を修理する際、ディーラーではなく修理工場に直接依頼すれば、ディーラーに中間マージンを取られることがないため、修理工場にとっては通常よりも利益率の高い仕事になります。そこで、この高い利益率を還元してくれるのが、『キャッシュバック』なのです。


【通常の修理と保険修理の違い】

 なぜ保険修理の場合だけキャッシュバックをするのでしょうか? まずは、保険を使用しないで修理するケースを考えてみましょう。
 直接修理工場に修理を依頼する場合、ディーラーの下請として修理をする場合に比べて、修理工場は高い利益率で仕事をすることができます。だから良心的な修理工場は、その分をお客様に還元して、ディーラーよりも安い金額で修理を請け負ったりします。利益を削り、お客様に喜んでもらうことにより、その後の修理等を依頼してもらえるよう、お客様と良い関係を築こうとするのです。

 次に、保険を使って自動車を修理する場合を考えてみましょう。
 自動車の修理代は保険屋さんが払うことになるため、保険屋さんに対して、わざわざ利益を削ってまで修理代を安くしてあげる必要はありませんよね?当然のことながら、保険屋さんには通常の料金を請求することになります。保険屋さんから通常の料金を支払われるため、保険を使用しての修理は、修理工場にとって利益率が高く、非常に割のいい仕事ということになります。
 だから、当サイト「保険 de キャッシュバック」で紹介している修理工場は、高い利益率で修理をさせてもらったお礼に、利益の一部を依頼者に還元するために、キャッシュバックしてくれるのです。